kore de iinoda

orpheenoi.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 19日

反省

師走。
師じゃないけど走ってる。
だいたい年がカワルったってタダの気持ちの問題。
どんなモンダイ!
すみません
壊れかけです、はい。
タダの気持ちのモンダイに国民をあげて取り組んでいる
こと自体なんだか納得がいかんのですが、
その1国民である以上巻き込まれざるを得ない状況にも
あるわけで、、、。
ん。。。?
で、結局カキイレどき!!

くるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくる

って、この字、目がまわらない?
すげ~、いま、わたし、日本にうまれてよかったよと、切実に思った。

くるよ、年末が、正月が。
でも何にもかわらないってば。。
[PR]

# by orphee--room | 2004-12-19 13:09
2004年 12月 08日

呑んだくれてばかりで

なかなか机に向かえず。

お昼ごはんに今年初めての
おでんを食した。
今日はセブンイレブンのおでん。
明日はサンクスのおでんを試してみよう。

今日の糸コンは浸かりが浅かった。

オルフェもおでんナイトするでよ。

12月29日、30日。
くるべし、くうべし。呑むべし。
[PR]

# by orphee--room | 2004-12-08 01:52
2004年 12月 01日

ああ。

私は床に散らばった
サクラエビ君達を
箒と塵取で
すくい取り
葬儀場に送り出すために
アーメンとつぶやいていた。

ごめんね、食べてあげられなくて。
私だって海に生まれていれば
ここで塵取の中に床の埃やなんかと一緒くたにされて
詰め込まれていたかもしれないのだから。。。

所詮私なんて特技が、見てみぬ振りなだけのだめ人間なのだ。
何しろサクラエビ君たちはこの床の上に
1週間ほどいらっしゃった。
サクラエビ君たちが宙を舞ったあの日、
床は少し湿り気を帯びており、
着地したその瞬間から彼らはいきなり成長を始めたのだった。
彼らの干からびた体から湯気が立ち上り
曲がった尻尾がカーブを描き、
みるみるうちに次々と床を跳ね回り始めたのだ。
私は
「しめた!シーフードカレーにしちまおう。」
と早速ドジョウすくいのごとくざるを構えたのだが、
いかんせん歌が思い出せない。。。

こういうときに限って何の関係もない歌ばかり頭を掠めるものだ。
今トレンディに私の頭をめぐっている歌は
何故か 飲ませて~ください~もう~少し~ なのだ。
いやーん、どっかいってくれー。

そんなこんなしているうちに床のエビたちの動きは
急速に鈍くなっていっていた。
ぴょんぴょん が ぺこんぺこん になり
ぺちんぺちん になり
ウッチウッチ になり
そして彼らは動かなくなってしまった。。。

私は半分追悼の意味を込めて
そして半分隠す目的で
急いで床に新聞紙を敷き詰めた。

そして今1週間が過ぎようとし、ようやく私は彼らの死を認めることが出来たのだった。
[PR]

# by orphee--room | 2004-12-01 02:50
2004年 11月 28日

怒!

今日はにゃんだか私ずっと怒ってる。
朝一で吉祥寺まで献血に行く。
献血ルームは不思議に時間が止まってるようだ。
みんな動きがのろい、
ような気がする。
「初めてなんですけど、、、。」
と言ったら紙に住所とかいろいろ書かされて、
ロビーで少し待たされて、
また違う人が持ってきた書類にいろいろ書かされて、
また待たされて、
ようやく献血室に呼ばれて、
また待たされて、
そこでは人々は宇宙遊泳のようにいろんな方向を向いて無言で座っていて、
自分の目の前にあるテレビ画面を見つめている。
(おー、ここは手塚治虫の世界ではないか~、ワクワク。)

「町田さーん」
隔離室のような小部屋の窓から
白衣を着たイカしたじいさんが呼んでいる。
(ここで問診を受けるのね。そして私もあの人たちの仲間入りが出来るって訳ね・・・。)
などと考えつつ小部屋に入る。
項目1 : 3日以内に歯医者に行った。 ・・・YES
「どんな治療だったの?」
「いやあ~、削ったりとか。」
(思い出しても恐ろしいよ。。。痛かったら左手上げてください、なんて言っといて、痛いって言ったら、仕方ないのよ、あなたが放置してたんだから、なんて。じゃあ左手の意味はなんなのさ。どうするつもりなのさ。。。あ、また別の件でも腹たってきちゃった、やめとこ。)
戻る↓
「いっぱい削ったの?」
「はい。割と。。。」
「薬は?」
「飲んでます。」
「じゃあ、今回は無理だな。もういいよ。」
「え・・??あ、、、はい。。。」
ぬわに~???私は項目1の時点で脱落した。
こんなに待たされた挙句、
項目1で。。。。
ロビーに戻ると献血を終えた人々が
満足そーにタダで食べれるらしきドーナツをほうばり、
タダで飲めるらしきジュースを飲み、
(お前、もう出てきたのかよ。。。まさか、失格かい?いったい此処に何しに来たんだよ。)
とでも言いたいような目つきで私を見ている。いや、見ているような気がする。。。
恥ずかしさと悔しさで私は急いでロッカーから帽子を取り出すと、
走って献血ルームを飛び出した。
エレベーターの前に張り紙があった。

献血をご遠慮頂く方

エイズ検査目的の方
ウンヌン・・・・・・・・・・・・・・・・・
カンヌン・・・・・・・・・・・・・・・・・
3日以内に歯医者に行かれた方
・・・・・・・・・・・・・・・・・
外国から帰国4週間以内の方
・・・・・・・・・・・・・・・・・


来たときは緊張のあまりこんな張り紙にまるで気がつかなかった。
(私、フィンランドから帰ってきて2週間しかたってない。。。ちゅうことは、歯医者に行ってなかったとしても最後の項目で落とされる運命だったんだ。。。て、そんなこと早く言ってくれよー。)

その後ショックのあまり私は道に迷い西荻窪まで行ってしまったのだった。。。
[PR]

# by orphee--room | 2004-11-28 22:35
2004年 11月 28日

甘納豆

豆が好きだ。
そして、今
豆という漢字を変換する際に
「肉刺」という漢字が
出てきたことに驚愕。
「肉刺」とかいて「まめ」と読むんだなあ。
「ちまめ」は「血豆」なのに。。。

いやそんな話じゃなくって、
最近、昔ながらの菓子に目がない。
カリントウとか
甘納豆とか
おかきとか、、、
ほとんど主食と言っても過言ではないね。
フィンランドではヨーグルトバナナチップにはまっていたのだが。

でも、土日には
一応気を使ってひじき煮とか
切り干し大根とか食べる。
ようにしている。。。

明日は献血に行ってみようと思う。
[PR]

# by orphee--room | 2004-11-28 04:37
2004年 11月 24日

銭湯にて

おばちゃんに話しかけられる。
「熱いねー。」
まあね、サウナん中やし。

おばちゃんは
自分が熱いからって
サウナの扉を半開きにして
パタパタやっている。
涼しい風が吹き込む。

私はおばちゃんの
しゃべる言葉を聴きながら
沖縄弁と青森弁って
似とるなあ。。と思っていた。
[PR]

# by orphee--room | 2004-11-24 00:08
2004年 11月 21日

hareonnna

私の滞在していたロバニエミでは
私が帰りの夜行列車に乗り込んだ時から
雪が降り始めて
どうやら今は積もっているらしい。
マイナス30度の世界らしい。

何故だ?
私が居たときなんて
5枚がさねぐらいにしよう
と思って持って行ってたモモヒキ
も2枚も穿けば充分暖かかった。
アルプスに向かうハイジみたいに
持ってる服を全部着込んで準備万端で
ホームに降りたら
熱かった。。。
日本とそう変わらんじゃん、
そう思っとったのに。

1週間でそんなに気温が変化するなんて!?
かまくら が作りたかったけど
一度も雪なんかふってくれんかった。
[PR]

# by orphee--room | 2004-11-21 04:56
2004年 11月 19日

あっという間の

いつもの日常。
あー、旅の日々が夢のようだ。。。

23日(祝)
14:00~
Club KEM
阿佐ヶ谷カレー計画

参加店
cafe & bar ORPHEE
Leader
Freeks
Club KEM

私は豆カレーとケーキを作ります。
こんなにたくさんの旨い店のカレーがいっぺんに
食べれる日なんてなかなかないよ。
なんとカレーとソフトドリンク食べ放題飲み放題で
ジャスト1000円
えー、そんなに安くていいのー?
えーの、えーの、赤字覚悟ですから。。。
[PR]

# by orphee--room | 2004-11-19 01:41
2004年 11月 18日

終わり。
キートス。キートス。(ありがとうの意)
英語力をもっとつけねば。
反省。

シャルルドゴール空港は
かっこよかった。
あら、この国は私を呼んでいるわ、
なんて思っちゃうくらい、
いかす空港だ。
成田も見習えばいいのにね。
[PR]

# by orphee--room | 2004-11-18 02:44
2004年 11月 13日

サウナとケーキとオーロラ

私がホームステイさせていただいてる
学生寮みたいなアパートには
なんと共同サウナがついてる。
毎日無料でサウナ三昧。
焼けた石に水をじゅっとかけると
スチーム効果で汗ばんでくる。
日本のより長時間いれるし
何より外が寒いのであったまる。

カフェで
珍しいケーキやパンを物色するのが
日課となってしまったが、
この辺のケーキはあんまり甘くなくて(意外にも)
しかし激しく着色料が使われている。
緑とか黄色とかピンクの
コーティングを施されたケーキたち。
私は素朴なジンジャーケーキがたいそう
お気に召しまして
明日最後に食べて帰ろう。。。
でもこの国の人たちは
激しい色の方が好きみたいだ。
一番人気のお菓子は
真っ黒なグミキャンディだし。
(これはちょっとよう食べん。)

最後の夜に
オーロラを見れるかもしれない。
と思っていたが
やはり曇ってきたようだ。

これらのことが心残りながら
明日とうとう帰途につきます。

次号からは日本より更新致します。
それではしばらく
さようなら。
[PR]

# by orphee--room | 2004-11-13 05:25