kore de iinoda

orpheenoi.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 16日

BON BON

お盆

ふと1ヶ月前に見た夢を思い出す。

7年前に死んだおばあちゃんが
玄関でゴマを擂ってる。

ゴリゴリゴリゴリ…。

「あ、おばあちゃん。なんでここにいんの?」
私は思わず聞いた。
「お盆じゃもん…。」
おばあちゃんはあっけらかんと答える。
「あー、そっか…。」
普通に納得する私。(そん時は7月だったのだが…)
「ちょっと、おばあちゃん、若返ってない?」
「まあね…。」
少し得意げな様子。
「どうよ。あっちは…?」
「ええよ。快適、快適。あんたも来る…?」

(さ、さそわれてる…?どーしよ。なんか行ってもええような気もするが…。)

「いや…、まだええわ。もう少し。」
「そう?楽しいのに…。」

「それよりさ、そんだけ若返られるんじゃったら、
いっそのこと20歳くらいに若返ってみてよ。
おばあちゃん、ぶち可愛かったじゃん。」
「ええよ。」
そう言うと、おばあちゃんは クルッと私の目の前でターンしてみせた。
昔、写真で見た若い頃のおばあちゃんが
目の前に立っていた。

「可愛い…?」
「う、うん…。」

おばあちゃんは確かに可愛かったが、何故か物凄く足が短かった。
(いわゆる短足。)

変にリアルな夢だった。
[PR]

by orphee--room | 2005-08-16 03:43


<< 放尿の ほう は 放物線の ほう      じーじー と蝉が泣いてる >>