kore de iinoda

orpheenoi.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 01日

ああ。

私は床に散らばった
サクラエビ君達を
箒と塵取で
すくい取り
葬儀場に送り出すために
アーメンとつぶやいていた。

ごめんね、食べてあげられなくて。
私だって海に生まれていれば
ここで塵取の中に床の埃やなんかと一緒くたにされて
詰め込まれていたかもしれないのだから。。。

所詮私なんて特技が、見てみぬ振りなだけのだめ人間なのだ。
何しろサクラエビ君たちはこの床の上に
1週間ほどいらっしゃった。
サクラエビ君たちが宙を舞ったあの日、
床は少し湿り気を帯びており、
着地したその瞬間から彼らはいきなり成長を始めたのだった。
彼らの干からびた体から湯気が立ち上り
曲がった尻尾がカーブを描き、
みるみるうちに次々と床を跳ね回り始めたのだ。
私は
「しめた!シーフードカレーにしちまおう。」
と早速ドジョウすくいのごとくざるを構えたのだが、
いかんせん歌が思い出せない。。。

こういうときに限って何の関係もない歌ばかり頭を掠めるものだ。
今トレンディに私の頭をめぐっている歌は
何故か 飲ませて~ください~もう~少し~ なのだ。
いやーん、どっかいってくれー。

そんなこんなしているうちに床のエビたちの動きは
急速に鈍くなっていっていた。
ぴょんぴょん が ぺこんぺこん になり
ぺちんぺちん になり
ウッチウッチ になり
そして彼らは動かなくなってしまった。。。

私は半分追悼の意味を込めて
そして半分隠す目的で
急いで床に新聞紙を敷き詰めた。

そして今1週間が過ぎようとし、ようやく私は彼らの死を認めることが出来たのだった。
[PR]

by orphee--room | 2004-12-01 02:50


<< 呑んだくれてばかりで      怒! >>